不動産担保ローンは金融機関によりそれぞれ特徴がある

大学の学費を工面するために不動産担保ローンを利用しました

大学の学費を工面するために不動産担保ローンを利用しました通常のローンに比べ非常に利用しやすかった資金繰り目的で不動産担保ローンを利用しました。

子供の大学の学費を工面する際に、住宅を抵当に不動産担保ローンを利用しました。
それほど新しい家ではなかったのですが8百万円ほどの金額を借り、5年で返済すると言う形でした。
当時は学資ローンなどもありましたが、金利の面で非常に有利だったことや、返済プランを考えた場合比較的返済金額が低く、また様々な子供に関するその他の費用もかさんでいたことから、できるだけ毎月の支払い金額が低いものを探して行った結果、不動産担保ローンを利用して学費の融資を受けると言う形に行き着いたのです。
一般的に不動産担保ローンを利用する場合には、その住宅のリフォームなどに使用する場合も多いのですが、ファイナンシャルプランナーに相談したところ、一般的な学資保険では比較的金利が高い上、返済金額も非常に短いものが多いため、毎月の返済額が大きくなることがあり、学生の立場では様々な制約が加えられることになると言う話がありました。
学生の頃は自分で働くこともなかなかできない場合が多く、まずは大学を卒業してしっかりとした会社に就職をしてもらうことが第一優先と考え、あまり子供にアルバイトをさせたくはなかったのです。
学生の頃は外で働くことも経験した方が社会勉強になると言う話もあったのですが、最近ではブラックバイトと呼ばれる様々な問題のあるバイト先もあり、ために学業よりもバイトの方が負担になってしまうと様々な問題が生じると考えていたので、子供のためにある程度のお金を支払うことができる余力を残しておきたかったと言うこともあります。
しかし実際に不動産担保ローンを利用して学費を調達する際には、様々な問題が発生しました。
金融機関によってはその目的が住宅に関連することに限られる場合もあり、住宅のリフォームや増改築等の目的以外には不動産担保ローンを利用することができないと言われたこともあります。
その目的は金融機関により様々ですが、その中である金融機関が目的はあまり問わずに提供しているものがあったのでこれを利用することにしました。

電車の中でデジタル広告が不動産担保ローン、相続の改正の話など
そんなことばかり。

みんながあんまり内容気にしてなさそう。


あと夏だから筋トレ系。

あとゼクシィ、オロナミンC。

こっちは興味ある人おおいのかな。

— たけのまさき@一棟物上げ (@masakiiiii6) 2019年7月26日